転職失敗!代表的な転職失敗事例と短期間での転職成功の可能性について

転職失敗

「無事内定をもらい入社したけど、思っていた仕事内容と違う」

「希望の仕事内容に転職できたけど社内の雰囲気が合わない」

やっとの思いで転職活動を終え、無事入社したものの転職前にイメージしていた会社と大きく異なり「転職失敗だった」ということは誰にでもありえるこです。

この記事では誰もが経験する可能性のある「転職失敗」について、代表的な「転職失敗事例」と「実際に転職失敗してしまった人が今後再転職できるのかどうか」についてご紹介していきます。

 

転職失敗!代表的なケース

転職失敗する代表的なパターン

転職失敗の代表的な4つのケースをご紹介いたします。

これから転職活動をはじめようと考えている人、内定が出て転職先が決まったけど入社するか迷っている人は一度チェックしてみましょう。

 

社風が全然合わない

転職失敗例で一番多いのが「社風が全然合わない」ということです。

転職に対して焦ってしまい、内定が出た瞬間に飛びついた後に入社してから「思っていた会社と違っていた」ということは本当によくあることです。

とくに大企業とベンチャー企業間の転職などの企業規模が違う場合や、異業種に転職する場合は自分の想像以上にいろいろな違いが生じることがあります。

 

会社によって異なる点

  • 会議の仕方が違う
  • 報告の仕方が違う
  • 休暇のとり方が違う
  • ランチミーティングや飲み会の雰囲気

 

「社風」をしっかり見ずに仕事内容や収入だけで転職を決めてしまうと、転職で後悔することになることがよくあるのです。

また知り合いの紹介で転職する際も、よく考えず「大丈夫だろう」と楽観的になりがちです。

自分がその会社で生き生きと働いているイメージができるのかをしっかり確認しましょう。

 

業績が急落

 

経営が安定していないベンチャーやスタートアップ企業、サービスの移り変わりが激しいIT企業に多いのが、入社後業績が急落してしまうことです。

ボーナスが約束していた額より低かったり、もしくはまったく支給されなかったり…。ということが起こることもあります。ボーナスだけならまだしも、ひどい場合には月々の給料が期日通りに支払われなくなる可能性もあります。

業績が悪化すると職場の雰囲気が悪くなったり、無理な残業を強いられたりと様々な悪影響が発生してしまい、仕事に行くことが苦痛になってしまうこともあります。

また建築や不動産業界や製造業などは、国内だけでなく世界中の不景気の影響を特に受けやすく、業績が左右されやすい傾向にあります。転職先の会社の経営がどれくらい安定しているのかに加え、業種にも気を配っておきましょう。

 

転職直後に社内のキーマンとトラブル

転職後に、人間関係の悪化で社内での居心地が悪くなってしまうこともあります。

入社して間もない頃に社内のキーマンともめてしまうと周りの目も冷たくなり、うまくなじめないまま仕事をしなければいけなくなります。

最初のうちはわからないことだらけにも関わらず周りが丁寧に教えてくれないとなると、その後の仕事効率にも影響してきます。

やり方がわからないまま仕事を進め、上司に怒られ正当に評価してもらうこともできず、でも周りに相談できる人はいない…という最悪の状況に陥ってしまい、「この会社に転職しなければよかった」と転職を後悔することになるのです。

 

 

転職失敗する人ってどんな人?

転職失敗する人とは

以上、転職失敗の事例を挙げましたが、その主な原因は本人にあります。

転職に失敗するタイプの人の例を見てみましょう。もし一つでも自分にあてはまるなら、転職する前に一度じっくりと考えてみた方がよいかもしれません。

 

事前リサーチが甘い

事前リサーチの甘さが「こんなはずじゃなかった」という後悔を引き起こす最大の原因です。

しっかりとインターネット等でリサーチすることで、社風や働き方・仕事内容から大体の給与体系まで大まかな情報を得ることができます。

企業口コミサイトなども参考にすれば、その会社でよくあるトラブルも発見でき、職場の雰囲気を想像することも可能です。

内定が出た瞬間に飛びついてしまったり、条件交渉をきちんとしないまま慌てて転職したりと、「とにかく今の会社から逃げたい」という一心で退社してしまうと失敗することが多いです。

 

人間関係が嫌で転職を繰り返している人

気をつけたい転職理由が「人間関係」です。

常軌を逸したパワハラ体質の上司がいるようなら話は別ですが、大体どの職場にも合わない人、一緒に仕事をやりにくい人はいるものです。

その人たちといかに上手くやっていくのかが大切なのですが、「合わない人がいるから」という理由で転職をすると、結局転職先でいい人に巡り会えるのかどうか、運任せの転職となってしまいます。

会社を選ぶことはできても、一緒に働く人たちまですべてを選ぶことはできません。

つまり運に恵まれなければ結局転職を何度も繰り返すことになり、余計なエネルギーを消耗することになります。人間関係に関しては「合わない人もいる」と割り切って仕事をすることを強くおすすめします。

 

やりたいことが曖昧

自分のやりたいことがわからないまま転職をすると、「やっぱりこれじゃない」と迷ってしまい、転職に失敗したと思ってしまいがちです。

「とりあえずこの仕事内容良さそう」といった何となくな理由で転職してしまうと、入社後に少しでも思っていたことと違うことがあるだけで「やっぱりこの仕事は自分に合わない」となってしまいます。

逆に言うとやりたいことが明確で迷いがなければ、転職後に少しぐらい違うことが合っても転職失敗とはなりにくいのです。

やりたいことがあいまいだという自覚があるなら、まずは転職活動に踏み切るよりも各業界や職種のリサーチをし、過去の自分のキャリアをしっかり見直して、自分がやりたいことは何なのか、なぜ今の仕事に不満を感じているのかということをはっきりさせて転職活動をしていきましょう。

 

 

転職失敗しても大丈夫!その対処法とは

転職失敗しても大丈夫その対処法とは

すでに転職を失敗してしまった人はどうすればいいのでしょうか?

転職して間もないにも関わらず、再度転職することは可能なのでしょうか。

転職に失敗した!と思ったときどうすればいいのかご紹介します。まだまだ復活のチャンスはありますよ。

 

できれば3年はがんばりたい

正直なところ、短期間の転職を繰り返すと採用担当者からの印象はよくありません。人気企業の中には「転職歴3回以内」と転職回数制限をこっそり設けて、転職回数の多い応募者を書類選考ではじいているところもあります。

転職回数が増えると人気企業ほど転職が難しくなってきて、結果妥協しなければならず、また「転職失敗した」と転職を繰り返すことになってしまいます。

そのため「一つの企業で一定期間働き続ける忍耐力がある」「その企業でスキルを獲得した」「実績を残し、会社に貢献した」ということを効果的にアピールするためにも、本来は3年は続けて頑張りたいところです。

 

転職に失敗したと思いながら働き続ける3年はかなり長くしんどいのは承知の上ですが、耐えられると思うならまずは3年続けることを目指してみてください。

仕事を続けるうちにその仕事のおもしろさが見つかったり、人間関係がよくなったり、やりたいことが見つかったりする可能性もゼロではありません。

もし「まだもうちょっと前向きに頑張れる」と思うようなら、会社に留まることも考えてみてください。

 

転職後1年以内でも可能性はある

しかし職場がパワハラ気質であったり、業績の悪化でボーナスがカットされたりなど自分にとって実害があるようなら、無理して留まるのは精神衛生上よくありません。

その場合は厳しくはありますが、転職活動を再開するのも手です。とくに今はたくさんの企業から求人が出ているため、チャンスは充分にあります。

ただし面接の際に「転職したばかりなのになぜこんな短期間で再度転職するのか」ということは必ず聞かれます。

下手に取り繕おうとせず、正直に「転職に失敗した」旨を伝えましょう。そして転職失敗の原因を分析し、その失敗を生かして転職活動をしているということを答えられるようにしておきましょう。

 

ただし2回連続3年以内だと相当厳しくなってくる

3年以内の転職歴が2回連続で続いてしまうと、転職活動は相当厳しいものになることは覚悟しておきましょう。

面接のオファーがあることはあるのですが、「誰でもいいからとにかくすぐに入って働いてほしい」という会社がそのほとんどを占めるようになります。

つまり転職してもブラック企業に捕まってしまう確率が格段に上がってしまうのです。そうなってしまうと結局その後も転職のループから抜けることができません。

勤続歴3年以内で転職をする時は、「次こそ3年以上働くことができる」と確信できる会社の内定を受けましょう。

 

前の会社に「出戻る」ことも考えて

前の会社を円満退社していれば、出戻ることも考えましょう。

最近は出戻り歓迎の会社も多く、決して気まずく感じる必要はありません。

仕事内容を実際に経験してきたために他の中途採用の人たちよりも即戦力とみなしてくれます。

「一回辞めたのに、また戻ってきた」と白い目で見られるかも、と不安に思うかもしれません。しかし、実際には「一度他で働いて、改めてこの会社の良さを再認識した」という動機で出戻りを申し出ていることを会社側もわかってくれていることが多く、「今まで以上に会社に尽くしてくれる存在」だとみなしてもらえる場合がほとんどです。

とくに人手不足だったり、企業HPに中途採用の募集が出ていたら出戻るチャンスです。

そのまま中途採用として履歴書を出し、面接に進むケースもあれば、以前の上司に直接相談して採用責任者や経営担当者との面談を設けてもらうというケースもあります。

一度元上司や同僚の口から上の立場の人に話を通してもらっているとスムーズに進みやすいので、良好な関係を維持できているならぜひ前の上司や同僚に連絡を入れてみましょう。きっとあなたと一緒に働くことができるよう、取り計らってくれるはずです。

 

転職失敗について まとめ

以上、転職失敗の代表的な事例と復活方法についてご紹介してきました。

転職に失敗するのは転職前の冷静なリサーチや自己分析が不足しているケースがほとんどです。

転職が失敗した原因を正しく把握し、次の転職活動で同じ間違いをしないようにすることで、次の転職活動でより理想の会社に転職できるようになるはずです。

転職失敗したからといって諦めたりせず投げ出したりせず「もう一度なら転職活動やり直せる」と再度、しっかり準備して転職活動を行っていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA