【海外転職のすべて】憧れの海外で働くための手順と注意点を詳しく解説します

海外転職のすべて

近年、海外へ転職をする人がとても増えています。

理由はいくつかあります。

  • 海外企業に勤めることでさらなるキャリアップ
  • 語学力をつけたい
  • 日本より高い給料
  • 物価が安い国に行くことで生活費を抑える

 

海外でも仕事ができるバイリンガルビジネスパーソンとなることで、日本企業に戻ってきた時には高待遇で転職が期待できますよね。

しかし海外転職へのチャレンジは「未経験者だと何から準備すればいいのか分からない」とハードルが高いのが現実です。

 

この記事では、海外転職について現状と海外転職する方法、そしてメリット・デメリット、英語力に不安があるけど海外で働きたい方におすすめの職種など海外転職のすべてをご紹介します。

憧れの海外転職を実現させるために利用したい「転職サービス」についても解説します。

 

目次

海外転職に挑戦する人は年々増えている!

海外転職に挑戦する人は年々増えている

近年企業のグローバル化が進み、海外転職に挑戦する人が増えています。

現在では海外転職は特別難しいことではなく、覚悟と行動力があれば「海外転職は誰でもできる」と言っても過言ではありません。

そんな海外転職の現状について解説します。

 

海外転職が増えている理由

海外転職する人が増加しているのは、以下の2つが考えられます。

 

  • 海外への情報にアクセスしやすくなった(価値観の多様化)
  • 海外に進出している日本企業が増えた

 

インターネットの普及により、以前想像もしなかった世界を詳しく見ることができるようになりました。

海外転職の体験談が続々とアップされ、価値観が多様になりさらに多くの人が海外転職に興味を持つようになったといえます。

また日本は少子高齢化で市場規模も縮小傾向にありますが、海外に目を向ければ経済が右肩上がりの国もあります。

新しいビジネスチャンスを掴むべく日本企業が海外進出し、海外の雇用先が増えたことも一因でしょう。

 

海外転職に挑戦できる年齢の上限は何歳?

海外転職は20代後半〜30代で挑戦する人が多いものの、専門性や語学力があれば年齢に上限はありません。

40代や50代でも初の海外転職を実現している人も多々います。

日本での転職と同様にスキルや経験がなければ若い方が有利でしょう。

 

女性の海外転職事情

女性の海外転職事情

海外転職は女性も増加傾向です。

女性が多い事務職や秘書、現地で駐在員を支える総務・通訳ポジションやコールセンター、スーパーバイザーなど多数の職種で海外求人があります。

 

補足:海外転職の成功率は

海外転職の成功率は語学力や経験に大きく左右されるため、一概には言えません。

外務省の在外在留邦人調査統計(引用:外務省HPより)によると、2018年時点で外国に長期滞在している日本人は約139万人で、前年比で約3万8,400人増加しています。

全員が海外転職をしている数字ではありませんが、海外に住む人が増えていることがわかります。

内訳は男性約66万人、女性約73万人となっており、近年は女性の数が多い傾向にあります。

 

海外で働くメリット 海外転職の魅力

海外で働くメリット

 

海外で働くメリット・デメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか。

まずは海外で働くメリット・海外転職の魅力から見てみましょう。

 

日本ではできない経験ができ、視野が広がる

外国人と一緒に働き、時には外国人を導きながら、日本では経験できなかった体験ができるのは海外転職だからこそできることです。

異文化の中で外国人と一緒にビジネスを進めることは日本ではなかなか経験ができません。

また現地の日系企業の場合、ビジネスを開拓していく様子を身を以て実感することができます。

 

海外には日本にはないビジネスチャンスに巡り合えることも

海外転職先として急激に経済成長している国もあります。

市場が成熟している日本では巡り合えないようなビジネスチャンスがある国もあります。

現地の日系企業の社長や現地企業の役員などとも対等に話す機会を得やすく、広く強固なネットワーク作りができる点も魅力でしょう。

 

海外転職することで自身のキャリアに自信を持つことができる

「海外での就業経験がある」「ビジネス英語のスキルを身につけている」という点で、キャリアに箔(はく)がつきます。

帰国後に転職する際にも自分のキャリアに自信を持つことができるでしょう。

 

人生の選択肢を増やせる

海外に行くことで人生の選択肢が豊かになります。

現地企業に転職する、現地の外国人と結婚する、他の国に転職する、やはり日本に戻る…など、一度海外に出ると今まで想像もしなかった選択肢を広く持つことができます。

 

生活コストが日本より安い国もある

転職先によっては生活コストを抑えることができ、その分日本で働くよりも給与を貯蓄に回すことができることがあります。

アジア圏では日本よりも生活コストが安いのにもかかわらず、10万円〜15万円で豊かな生活ができることもめずらしくありません。

 

語学力の向上

海外転職をする場合、ほとんどの場合で英語や現地の言葉で仕事を行います。

日本にいると話せないままでも、海外に移住して仕事をすれば話せるようになります。

海外転職することで英語力や、その国の現地語の能力を高めることができます。

語学力が強いとその後の転職にもプラスになります。

 

外国で働いた経験が帰国後に「強み」になる

外国で暮らし、仕事をした経験は転職をする上で大きな武器となります。

海外転職経験や英語力、外国人とビジネスを進めてきたということはタフさの証明となり、日本で転職する際にグローバル人材として扱われ、好条件で転職できることもあるでしょう。

 

海外転職のデメリット こんなはずじゃ…海外で働くことの「現実」

海外転職のデメリット

一方で、海外転職にはデメリットもあります。

海外で働くことはよいことばかりではなく、辛い現実に直面することも多々あります。そんな海外転職のデメリットを以下で挙げていきます。

 

給与が下がる・雇用条件がよくないことも

「現地採用」での海外転職の場合、その国の給与水準で査定されます。

日本より物価・給与水準が低い国に転職すると日本より給与が下がることがあります。

休みも週2日なかったりと雇用条件がよくないことも考えられます。

また社会保険等が充実していない国もあります。転職前に給与や条件をより一層注意深く確認するようにしましょう。

 

異文化を受け入れられず苦労することも

海外で働くことは日本とはまったく違います。

時間を守らない、言い訳ばかりする、休みたがる、怒るとすぐ辞める…など国によっては日本基準で考えると信じられない行動を取ることがあります。

日本ではスムーズにいった事も海外ではまったく理解してもらえず仕事がうまく進まないということもあります。

 

雇用が不安定 あっさり「解雇」されることも

海外転職は現地採用であり、基本的には現地のルールのもと雇用されます。

日本の正社員のように雇用が保証された身分ではありません。

「景気や業績の悪化により、比較的高い給料をもらっている日本人から解雇」という可能性もゼロではありません。

雇用の不安定さは覚悟しておきましょう。

 

日本より治安が悪いことも

日本は世界一と言っていいほど治安のよい国です。

その他ほとんどの外国は日本と比べ治安が悪く、夜遅くまで出歩くと危険です。

公共の交通機関でもトラブルが多い国や、スリやひったくりなどが横行している国もあり、治安の悪さのせいで身の危険を感じることがあるかもしれません。

 

家族からの理解が得られないことも

海外転職では、家族に何かあった場合にすぐに駆けつけることができません。

また結婚しているとパートナーや子どもはどうするのか、という問題にも対処する必要があります。

いくら自分が海外転職に意欲的でも、家族からの理解が得られないケースも多々あります。

 

語学力がついていかず、孤独を感じることも

今まで英語の運用経験がないと、思ったことを口に出すのに苦労するでしょう。

語学力がないせいで現地の外国人とうまくコミュニケーションが取れずに、孤独を感じる可能性もあります。

地域によっては他に日本人がまったくいないことも考えられます。英語はある程度勉強してから転職することをおすすめします。

 

補足:海外で働いてみたけど「合わない」 失敗したときはどうする?

海外で働いてみて合わない時は原因を探りましょう。

企業が合わないだけなら同じ国で転職活動をしましょう。

国の事情を知っており、かつ対面面接ができると選考にとても有利です。

しかし風土や文化が合わない場合は帰国や別の国への移住を検討すべきでしょう。

 

 

英語が話せないけど海外に転職したい人は

英語が話せないけど海外に転職したい

英語が話せないものの海外で働きたい時はどうすればよいのでしょうか。

続いては英語が話せない時に考えられる海外転職の選択肢について紹介します。

 

海外転職で求められる英語力のレベル

海外転職で求められる英語力は、アメリカやカナダなど英語が母国語の国では最低でもTOEIC850点以上が必要でしょう。

英語力に自信がない場合は非英語圏がおすすめです。

ノンネイティブ同士なので発音がわかりやすく、拙い英語でも理解してくれようと努めてくれます。

 

英語が喋れないなら…英語不要で海外で働く方法もある!

英語が喋れなければ、英語を使わないで働くこともできます。

それは海外で「日本人向け」サービスの職業です。

 

  • 日本人向け料理人
  • 日本人向けコールセンタースタッフ
  • 日本人向けホテル・ゲストハウス

 

上記の仕事では高い英語力がなくても就業することができます。

現地にいる日本人向けホテルや日本語対応ヘルプデスクなど、探してみると英語スキル不要の仕事も多々あります。

 

業務経験やスキルがあれば問題なく働ける

業務経験やスキルがあれば、英語力がなくても働けることもあります。

業務の内容をわかっているため、英語でも内容を推測できすぐに適応することができるでしょう。

技術職や専門職の場合は特に、英語力のなさを必要以上に心配する必要はありません。

 

英語以外で海外転職に有利になる言語は

英語以外でも、中国語圏での会話力があれば海外転職が有利になります。

中国は世界第2位の経済大国であり、かつ世界中でビジネスを展開しているため雇用先もたくさんあります。

英語と並行して中国語を学んでみるのも海外転職のチャンスを増やすことができます。

 

補足:語学力も不安、仕事も未経験なら「日本語が話せることが強み」になる仕事を探そう

日本語が話せることが強みになる仕事には、日本語対応ヘルプデスクやツアーガイドなどがあります。

条件次第では日本語教師になることもできるでしょう。

仕事の探し方を工夫すれば、英語力や経験面が不安でも海外転職は可能です。

 

海外転職の種類 外国で働くには3つのパターンがある!

海外転職の種類

海外転職には3つのパターンがあります。

それぞれ給与や待遇が異なるので、3つのパターンそれぞれを把握しておきましょう。

 

海外で現地の企業に応募する

1つ目は、海外で現地の企業に応募するパターンです。

給与や待遇などは現地と同じ水準になります。

経済が世界トップクラスに発展している場合は高い給与が期待できますが、経済がこれから発展する国の場合は現地相応の給与しかもらえません。

その代わり、今後経済発展したときに大きなチャンスがあります。

 

海外で日系企業の現地採用に応募する

日系企業の現地採用に応募する場合には、物価・給与水準が安い国でも待遇を考慮してもらえるケースがあります。

給与は日本の新卒程度の額を期待でき、住宅補助や運転手当などを支給してもらえることも考えられます。

周りに日本人がいることも多く、海外転職が初めての場合にはおすすめのパターンです。

 

日本で採用されて海外に赴任する

いわゆる「駐在員」であり、待遇は最もよいと言えます。

日本での給与に加え、現地での給与も支給され家族帯同の場合には子どもの教育費補助が出ることもあります。

ただし自分が好きな国に行けるとは限りません。

また任期は期限つきです。待遇に反して自由度は低めです。

 

補足:海外転職が不安なら海外に「行ける」仕事もおすすめ

日本にいながらプロジェクトで海外出張・駐在する仕事がおすすめです。

商社やプラント、メーカーなど幅広い業種でその可能性があります。

 

海外転職で現地で採用されやすい職種

海外転職で現地で採用されやすい職種

日本にいながら海外で採用されやすい職業を紹介していきます。

英語や現地の言葉が話せれば選択肢が多いのですが、まだ語学に不安がある人向けにまとめています。

 

日本人観光客相手の現地スタッフ(ホテル・ツアーコンダクター)

日本人観光客が多い国でのホテルスタッフやツアーコンダクターの仕事であれば、利用者が日本人なので語学力が弱い人でもおすすめです。

お客様が日本人なので、同じ日本人であることが強みになります。

日本食レストランのスタッフ

いまや和食は世界遺産になるほど世界でも有名です。

平成25年12月、「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。(農林水産省HPより

 

日本食のレストランもさまざまな国にあるので日本食レストランのスタッフも日本人ならではでおすすめです。

 

日本人顧客対応のカスタマーサービス

同じ日本人が多く観光する国での日本人向けカスタマーサービスも日本人が海外転職する際におすすめです。

日本人をサポートするので日本人のほうが安心です。

日本語教師

日本に移住したい・日本で勉強したいと考えている若者が多い国の場合、日本語学校の生徒が多くいるため日本語教師のニーズも高いです。

教員免許などがある人におすすめです。

 

 

このように「日本人向けサービス」であれば語学力に不安があっても海外転職が可能です。

語学力が無い状態でも一度転職して仕事をしながら現地の言葉学ぶ、というのも一つの方法です。

 

海外転職をする前に考えておいた方が良いこと

海外転職をする前には、どんなことを考えておくべきでしょうか。

海外転職では給与と帰国後のプランについては自分の考えをはっきりさせておきましょう。

 

海外転職で求める給与をしっかり考えておく

給与はいくら欲しいのかは転職活動前に決めておきましょう。

国によって支給される給与の平均金額が大きく異なります。

そのため給与を設定しておくと、国を選ぶ際の指標にもなり待遇が悪い求人をはじくこともできます。

 

日本に戻ってきてからどうする? 事前に考えておくと安心

海外転職をしても、どこかのタイミングで日本に帰ってくる人が多いと思います。

帰国後では海外転職の経験を生かしてどんな仕事をしたいのか、キャリアプランを事前に描いておくことが大切です。

 

海外転職の渡航国の決め方

海外転職の渡航国の決め方

給与の見出しでも軽く触れましたが、海外転職を思い立った時にはどのように渡航国を決めればよいのでしょうか。

決め方の指標となる事項を紹介します。

 

暮らしていくのに問題がない「気候」か

気候は仕事の生産性や生活の快適さに直結します。自分にとって快適な気候の国を選ぶようにしましょう。

夏は50度を超える国や、雨季のせいで洪水・冠水が起こる国もあります。

また大気汚染がひどい場合もあるので、気候と一緒に大気の状態もチェックしましょう。

 

食事や習慣の違い、宗教を受け入れられるか

食事や習慣、宗教の違いを受け入れられることも重要です。

一度旅行で現地に出向いて確認してみてください。

とくに食事が合わない場合には辛い思いをすることになります。

 

給与と物価・家賃のバランスは

給与の額以上に大切なのが、物価です。一見給与が安くても物価がその分安ければ問題ありません。

また地価だけが高い国やエリアも存在します。給与と物価・家賃のバランスが取れる国を選びましょう。

 

国の経済・治安は安定しているか

経済や治安が安定している国を選びましょう。

経済が不安定だと雇用も不安定です。また、治安が悪いと仕事どころではありません。

 

就労ビザを取得しやすい国かどうか

いくら内定をもらっても、就労ビザが下りなければ働くことができません。

例えば海外転職先として人気のシンガポールは、年々就労ビザの取得が難しくなってきているとの情報もあります。

また、就労ビザの取得条件が「大卒以上」と定められている国もあるので注意してください。

 

補足:憧れだけでは× 実際に現地の様子を見て渡航先の国を決めよう

先ほども触れたように、渡航先を決める時は実際に現地に行ってみるのが一番です。

その国の気候・慣習・物価・経済・治安が一度にわかります。

憧れだけで先走ってしまうと、後悔することになりかねません。

 

海外転職を成功させる手順 7ステップ

海外転職を成功させる手順 7ステップ

内定を獲得するまでの海外転職を成功させる手順を説明します。

7つのステップを踏むだけで、意外とシンプルに進めることができます。

 

STEP1:行きたい国・候補地を決める

渡航先の国を決めましょう。

上記で紹介したように、一度訪れたことがあり、実情を知っている国をおすすめします。

 

STEP2:情報収集 リサーチを行い、希望条件をまとめる

続いては給与の相場や雇用条件などを、徹底的にリサーチしましょう。

他の人の体験談を見たりして、リアルな実感を掴んでから希望条件をまとめてください。

妥協できる点・できない点をこの時点ではっきりさせておきます。

 

STEP3:海外転職を実現するためのスケジュールを立てる

内定までに2ヶ月、内定後ビザ取得に1ヶ月…など、ざっくりと期間を見積もっておくことが大切です。

今の会社に退職を通知するタイミングなども予想しておくことで、引継ぎがスムーズになります。

思い通りに進まないのが海外転職では当たり前だと構え、スケジュールには十分な余裕を見ておいてください。

 

STEP4:求人を探す

ここまで準備できたら、求人を探しましょう。

初めての海外転職の場合不安も大きいはずです。

しっかりサポートしてもらえる、海外転職に強い転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

STEP5:希望の求人に応募する

希望の求人が見つかれば、応募します。

日本の転職活動よりも長期化しやすいので、一度に複数の求人を進めておきましょう。

 

STEP6:面接

面接は日系企業の場合は日本の本社であることもありますが、スカイプで現地と行うことが多いようです。

中には現地まで出向いて面接を受けに行く人もいます。

 

STEP7:内定

面接に合格すれば内定です。

雇用条件を確認し、条件に納得できれば内定承諾書にサインしましょう。

 

補足:就労ビザは「内定」が出てから

就労ビザは内定が出てから取得することになります。

 

前述した通り、就労ビザが下りなければ内定取り消しとなるので注意しましょう。

 

憧れの海外転職を成功させる! 海外転職に強い転職エージェント3選

海外転職はまったく知識がない人には仕事の探し方や手続き上、ハードルが高いのが現実です。

いまでは海外転職に強い転職エージェントも多くありますので、海外転職の際は転職エージェントを利用していきましょう。

海外転職に強い転職エージェント1:JACリクルートメント

基本情報
求人数 非公開(※約60%が非公開求人)
サポート内容 転職市場情報提供、適職発見・診断、適職紹介、書類選考・面接突破支援、入社決定支援
得意な業界 IT、メーカー、金融、外資系企業
拠点 東京、埼玉、神奈川、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、広島
運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
POINT
  • 30代〜50代のハイクラス転職に強い
  • 外資系や海外進出企業への転職サポートに強み
  • 業界・職種に精通した総勢約800名のコンサルタントがサポート

JACリクルートメントは30〜50代の管理職・専門職・技術職に強い転職エージェントです。

国内優良企業はもちろんのこと外資系企業、海外進出企業の求人案件を扱っています。ハイクラス転職エージェントとしては歴史があり、転職活動支援の累計約43万人という実績もあります。

JACリクルートメント公式サイトを見る

 

 

海外転職に強い転職エージェント2:リクルートエージェント

基本情報
求人数 公開求人 98,741件 非公開求人 109,476件
サポート内容 カウンセリング、求人紹介、書類添削、面接対策、面接日程調整、内定・退職交渉
得意な業界 IT・通信、医薬、機械・輸送機器
拠点 北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡
運営会社 株式会社リクルートキャリア
POINT
  • 転職支援実績No.1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 実績豊富なアドバイザーが企業紹介、提出書類添削、面接対策

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)リクルートエージェント公式サイトより 

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントで、求人件数の多さ、キャリアドバイザーによる手厚いサポートが強みです。

転職支援実績は、職種別では営業職とITエンジニア職が多く、業界別ではIT業界と医薬業界が多くなっています。リクルートエージェントを利用して転職した人は年間2万3千人います。

総合型転職エージェントとして実績No.1のリクルートエージェントは転職を考えたらまずは登録すべき転職エージェントです。

リクルートエージェント公式サイトを見る

 

 

海外転職に強い転職エージェント3:ビズリーチ

基本情報
求人数 公開求人数96,000件
サポート内容 転職希望者と企業やヘッドハンターをつなぐサービス。求人検索。ヘッドハンター検索。
得意な業界 IT関連、インターネット関連、メーカー
拠点 全国対応(登録ヘッドハンターが全国4,700人)
運営会社 株式会社ビズリーチ
POINT
  • 「企業へ直接応募」と「ヘッドハンター利用」の両方できる
  • 有料プラン「プレミアムステージ」がある
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占める

ビズリーチは、一般的な転職エージェントとは異なり、転職希望者と企業やヘッドハンターを結ぶ転職サイトを運営しています。

ビズリーチに登録すると、企業やヘッドハンターから直接オファーが来るという仕組みです。無料でビズリーチを利用することもできますが、求人の閲覧や応募に制限があります。

有料プラン「プレミアムステージ」を利用すれば、ビズリーチのサービスをフルに活用できます。年収1,000万円以上の求人が3分1以上とハイクラス転職を考えている方におすすめです。

ビズリーチ公式サイトを見る

 

 

海外転職について まとめ

現在海外転職には豊富な選択肢があり、語学力や経験、スキルがなくても海外転職が可能です。

渡航先の国には事前に訪れるなどして、自分の実感で判断するようにしましょう。

行動力と覚悟を持って転職エージェントの力を借り、計画的に転職活動を進めることが大切です。

ぜひ可能性に溢れている海外転職を成功させてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA