Uターン転職のメリット・デメリット!Uターン転職成功のポイントから仕事の探し方まで

Uターン転職

近年ワークライフバランスを重視する傾向からじわじわと人気が出ているUターン転職。

ただしUターンは転職生活拠点ごと移すわけなので失敗するわけにはいきません。

この記事ではUターン転職を考えている方が、後悔しないために「Uターン転職のメリット・デメリット」と「求人の探し方」をご紹介します。

「生まれ育った地元に戻って地元に貢献したい」「地元の親元で子育てしたい」「都心部より地方でのんびり暮らしたい」と考えているなら、ぜひこの記事をご覧になってくださいね。

 

Uターン転職とは

Uターン転職とは

「Uターン転職」とは都市部で進学・就職したものの、地元の企業に転職することを指します。

「都会での生活に疲れた」「地元にいる親元に戻らないといけない」「生まれ育った地元に戻りのんびり暮らしたい」といった理由から地元企業への転職を考えはじめることが、Uターン転職のきっかけとして多くあります。

 

Uターン転職は仕事だけでなく、ライフスタイル自体も大きく変わります。

都会と地元の暮らし方の違いは地方出身で都会で働いている方ならよくご存知だと思いますが、そのメリット・デメリットを天秤にかけて都会の暮らしを捨ててでも地元に戻る魅力があるのかどうかはしっかり考えましょう。

 

またUターン転職は都市部から地方へ出向かなければならず、就職活動が長期化しがちです。

移動のための交通費も自己負担しなければならないことが多いです。忍耐強く転職活動を進めなければいけないということは頭に入れておきましょう。

 

 

他にもあるUターン転職以外の地方転職

地方と都市部の間で転職することを指す「Uターン転職」以外にも「Jターン転職」や「Iターン転職」「Oターン転職」といった言葉もあります。

 

Jターン転職

「Jターン転職」とは、地方出身者が都市部で就職した後に、地元に近い地方都市で転職することです。

たとえば兵庫県姫路市出身者が東京就職、その後兵庫県の最大都市である神戸市に転職するのがJターン転職です。

Uターン転職よりも求人数が多いことがほとんどで、転職の難易度も低くなります。

日常生活も地方と都心部 の中間をイメージするとよいでしょう。地元への帰省が楽になるのもメリットです。

 

Iターン転職

「Iターン転職」とは都市部で生まれた人がそのまま都市部で進学、その後新卒で企業に就職した後、地方へ転職することを指します。

東京生まれ東京育ち、そのまま東京の大学を出て東京の企業へ就職した後、九州や関西圏の企業に転職するのはIターン転職です。

今まで経験したこと無い地方での生活が始まるため、仕事面だけでなく生活面でも大きな変化を経験することになります。

 

Oターン転職

Oターン転職とはUターン転職した後、また都市部へ戻って就職することを指します。

地元出身→都市部で就職→地元転職→都市部へ戻って就職、といったOの字を描く動きです。

Oターン転職は地元へ戻ったものの、「やっぱり都会が良い」と都心部に戻るパターンなので、Uターン転職に失敗した人に多いのが特徴です。

 

 

 

Uターン転職のメリットについて

Uターン転職のメリット

Uターン転職のメリットについて首都圏での生活と地元での生活を比べて解説します。

地元での生活のメリットは以下が挙げられます。

 

Uターン転職メリット
  • 地元の友だちがいる
  • 家賃などの生活コストが抑えられる
  • ゆとりのある生活を送ることができる
  • 通勤が楽
  • 両親の近くで過ごすことができる
  • 自治体のサポートを受けられる場合も

 

地元に転職することで家族との距離が近くなり、両親が高齢の場合でも一緒に暮らすことができ安心です。

地元に戻るため、疎遠だった学生時代の友達と再び仲良くできるのもポイントでしょう。元々自分が属していたコミュニティがあり、生活スタイルも想像しやすいためIターンやJターン転職よりもストレスが少なくその地域に馴染むことができるのがUターン転職です。

また都心部特有の超満員電車からの解放も大きなメリットでしょう。会社に到着する前にすでに疲れてしまうような満員電車に乗る必要がなくなるのです。

首都圏で勤務していると家賃を抑えるために会社から遠いところに住んでいる人が多いですが、それに比べると通勤時間も大幅に短縮することができます。

家賃をはじめ基本的に首都圏よりも物価が安いため、生活コストは格段に削減できます。休日でも人混みで疲れてしまうようなことがなくなるので、ゆっくりとゆとりのある生活を楽しむことができるのもメリットのひとつです。

 

自治体によっては子育てや奨学金の返還支援など様々なサポートが用意されていることもあるので、生活が楽になる可能性も考えられます。地元に帰る時には一度確認してみましょう。

 

 

Uターン転職のデメリットについて

仕事ばかりの生活に疲れた、都市部の忙しい生活に嫌気がさした、という場合にはUターン転職のメリットが魅力的に見えます。

しかしUターン転職にもデメリットがあります。

ここではしっかりとUターン転職のデメリットも解説していきます。

Uターン転職デメリット

  • 求人数が少ない
  • 年収が下がる傾向にある
  • ブラック企業に当たってしまう可能性がある
  • 生活での娯楽が少ない
  • 引っ越しコストがかかる
  • 自動車所有コストがかかる
  • 近所・親戚づきあいが面倒

必ず言えるのは都市部よりも求人数が少ないということです。

「首都圏一極集中」と問題視されるように、多くの企業が東京や大都市に集まっています。

そのため「なんとかなる」と先に辞めて地元に戻ったものの、応募できる求人がないという事態も十分ありえるのです。

求人数が少ないのもUターンの転職活動が長期化しやすい理由の1つなので「まず仕事を見つけてから退職」ということを頭に入れておきましょう。またUターン転職によって年収が下がることも覚悟しておいてください。その分生活コストが下がる場合がほとんどなのですが、移動のための自動車を持つことで生活コストが上がる…ということもあります。

 

地方は企業の数自体が少なく、社員の出入りも少なく古い体質の企業も多くなります。

社長がワンマンの中小零細企業も多くブラック企業に当たってしまう可能性が高くなります。地方ならではですが、上司にお見合い相手を無理やり紹介される、というようなことも実際にあるため都市部とは違った形のパワハラに合うかもしれません。

転職をする際は実際に企業に足を運び、自分の目で見て、雰囲気を感じることが重要です。

 

そして生活面では、都市部のような娯楽が少なくなります。地元の生活に満足できるのかどうか考え、都会の便利な生活を捨てなければならないということは心しておきましょう

 

以上のUターン転職のメリットとデメリットをご紹介してきました。

メリットだけではなくデメリットも確認し「それでもUターン転職したい」と思えるようになってから転職活動をはじめましょう。

迷ったまま地方に転職してしまうと「やっぱり都会に戻りたい…」ということになりかねません。

地方の企業にUターン転職をして、そこで年収が下がってしまうと再度転職する際に元の年収に戻すのは大変なので、よく考えてからの行動が大切です。

 

 

Uターン転職が向いている人のタイプ

上記でUターン転職もついてメリット・デメリットを挙げましたが、どんなタイプの人がUターン転職に向いているのでしょうか。

メリットに魅力を感じる人はもちろんのこと、重要なのはこの2点です。

  • 仕事中心よりワークライフバランスを求めている人
  • 都心より地元の人間関係が好きな人

 

Uターン転職の魅力は何と言ってもゆとりのある生活や通勤の苦痛からの解放です。その分都市部のようなスピード感のある、ガツガツとした働き方はできないと思っておきましょう。

また流行や最新情報が回ってくるまでに地方と都市部では時間差があります。「常に最先端の流行に身を置きたい」または「仕事こそ人生」というキャリア上昇志向の人はのんびりとした地方の働き方にイライラしてしまうこともあります。

 

また地元特有の人間関係を苦痛に思わない、ということも大事です。

地元によって差はあるものの、一般的には都市部よりもより密でウェットなコミュニケーションが必要となる場合が多くなります。

人の入れ替わりも少ないため地元ならではのコミュニティが確立されてしまっていることがほとんどです。

そこに迎え入れてもらうためには、地元の人とのコミュニケーションが欠かせません。

飲み会などはもちろん、地域独自のしきたりなどもあるため柔軟に対応することが求められます。

 

 

Uターン転職の求人の探し方について

Uターン転職の求人の探し方

「地方の生活の方が自分は向いているはず」「地元の企業に転職したい」と思った時、どのようにUターン転職の求人を探せばよいのでしょうか。

大体は2つのパターンに分かれます。

1つ目は地元の繋がりを利用すること、2つ目は転職サイト・転職エージェントを利用することです。

家族や親戚、友達のつてで転職することはUターン転職をする人たちの間でよくあります。給料や待遇面の確認を自分で行わなければならないので大変な面もありますが、スピーディーに話が進んでいきます。一度地元の友人・知人に「地元に戻って仕事をしたい」と相談してみましょう。

 

また求人数自体が少ないので複数の転職サイト・転職エージェントを利用必要があります。

転職エージェントでは「リクルートエージェント」や「doda」など大手のサービスは地方にも拠点があるため、Uターン転職に強い転職エージェントです。

求人の数は大手の方がたくさん保有している傾向にあります。

また転職サイトでは「リクナビNEXT」「はたらいく」などがおすすめです。「地域密着」を掲げている求人サービスで、地方の中小企業の求人に強みがあります。

 

関連記事 転職エージェントおすすめ比較ランキング!実際に利用した転職経験者が選んだ転職エージェント

ぜひ他のサービスと併用して、Uターンの転職活動を効率よく進めてください。

 

 

Uターン転職について まとめ

Uターン転職についてメリット・デメリットから仕事の探し方についてご紹介してきました。

Uターン転職は都市部から地元に戻って転職するため、仕事だけではなく生活基盤そのものが大きく変わってきます。

家族との時間やゆとりのある生活を重視する人にとっては、都市部でギリギリまで働くよりも幸福度が高くなるかもしれません。

しかしよく考えないでUターン転職することにはデメリットもありますので、しっかりと事前調査をしないと失敗してしまうことも。実際に転職活動をはじめる前に今回ご紹介したUターン転職のメリット・デメリットをしっかりと確認して、自分に合っているのかをじっくりと考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA